公務員試験 公務員試験独学ガイド

公務員試験独学ブログをまとめた新サイトです。
公務員試験の独学受験生に最新情報を届けるべく以下のコンテンツを用意しています。

〇より丁寧な独学での最新の勉強方法(順次更新)
 専門科目:憲法行政法民法経済学財政学
 基礎能力科目(教養科目):資料解釈数的推理判断推理
〇受験生時代の膨大な日記をコンパクトにした読み物
〇公務員試験の最新情報

スポンサーリンク

公務員試験公務員試験採用情報をチェックできる便利なサイト

国家公務員試験採用情報⇒国家公務員総合職・国家公務員一般職試験・国税専門官採用試験・財務専門官採用試験等(人事院)
地方公務員試験採用情報⇒全国の地方自治体(東京都・特別区・県庁・市役所等)(地方公共団体情報システム機構)
裁判所職員採用情報⇒裁判所事務官総合職試験・裁判所事務官一般職試験等(裁判所)

スポンサーリンク
2007年11月22日

面接対策

面接対策

用意する問題集・参考書

・現職人事が書いた「面接試験・官庁訪問」の本
・公務員試験現職人事が書いた「自己PR・志望動機・提出書類」

それとあと1冊、公務員試験の面接できかれそうな質問がたくさんのっている本を自分でさがすといいと思います。
僕は、大卒程度公務員面接対策ハンドブックを使いました。

勉強方法

ここでは上記3冊を使った面接対策の方法を紹介したいと思います。
まずは、現職人事が書いた「面接試験・官庁訪問」の本をざっとみてください。
公務員試験の面接がどのようにして行われるか、最近の公務員試験の動向などを把握します。
そして次は、公務員試験現職人事が書いた「自己PR・志望動機・提出書類」を読みます。
この本には2次試験つまり面接に先立ち自分で作成し、面接先に前もって提出する書類について詳しく書かれています。

筆記試験に合格すると、受験したところから筆記試験の合格証書や面接に先立ち提出する書類がおくられてくるのですが、この瞬間からすでに面接は始まっています(汗)
面接は、提出書類の体裁も含めて面接です。
字が汚かったり、全然関係ないことが書いてあったり……
はっきりとは書けませんが、まず間違いなく面接の前段階で印象は悪くなるでしょう。
公務員試験現職人事が書いた「自己PR・志望動機・提出書類」を読むことで、面接の書式はまず間違いなく大丈夫です。

そして受験生を一番悩ませる自己PRや志望動機を考えます。
なぜ自己PRや志望動機が重要かと言うと、公務員試験の面接に限らず民間の面接でもまず聞かれるからです!
自己PR・志望動機・趣味・最近気になる事等、絶対聞かれることは、自分の言葉でしっかり練り上げてください。
自分の言葉で、これが最大のポイントです!

ちなみに、僕は面接対策ノートを自分で作りました。
面接官にこう聞かれたら、こう答えるみたいやつです(笑)
まずは自己PR等、最重要質問です。
ここは、完璧に練り上げてどう聞かれてもおどおどすることなく、完璧に答えられるようにしました!
面接対策で一番時間をかけたところでもあります。
そして、最重要ではないけどよく聞かれる事に対する対策をしました。
終わってみれば、全部で50問近く受け答えを考えてましたね(笑)(ほんとはもっとあったのですが……)
どういうことが良く聞かれるかは、大卒程度公務員面接対策ハンドブックなんかも参考にしてください。

面接対策ノートに書き込んだら次は暗記です。
僕は50問近く完璧に受け答えできるようにしました。
朝起きてから夜寝るまで、暇さえあれば面接対策ノートとにらめっこして、ぶつぶつ口に出して練習していました。

暗記が終わればアウトプットです。
僕は鏡の前に座って、しゃべってました(笑)
気づくことがたくさんありました。
きちんと覚えている自信のある質問には明るくはきはき答えられるのに、あやふやにしか覚えてない質問には目をそらしたりそわそわしたりするんです(笑)
みなさんも鏡の前で練習してみてください。

最後に、予備校に模擬面接を受けに行きましょう。
仕上げの段階です。
本番さながらの雰囲気での面接対策です。
僕は2回模擬面接を受けました。
集団面接(討論)の模擬もありますので、必ず受けた方がいいと思います。

最後に、面接に関して僕が伝えたいこと。
面接では会話を大切にしましょう。
覚えてきたことを面接官に披露するだけが面接試験ではないと思います。