公務員試験 公務員試験独学ガイド

公務員試験独学ブログをまとめた新サイトです。
公務員試験の独学受験生に最新情報を届けるべく以下のコンテンツを用意しています。

〇より丁寧な独学での最新の勉強方法(順次更新)
 専門科目:憲法行政法民法経済学財政学
 基礎能力科目(教養科目):資料解釈数的推理判断推理
〇受験生時代の膨大な日記をコンパクトにした読み物
〇公務員試験の最新情報

スポンサーリンク

公務員試験公務員試験採用情報をチェックできる便利なサイト

国家公務員試験採用情報⇒国家公務員総合職・国家公務員一般職試験・国税専門官採用試験・財務専門官採用試験等(人事院)
地方公務員試験採用情報⇒全国の地方自治体(東京都・特別区・県庁・市役所等)(地方公共団体情報システム機構)
裁判所職員採用情報⇒裁判所事務官総合職試験・裁判所事務官一般職試験等(裁判所)

2008年01月09日

公務員の待遇・昇進(国T・国U・国税専門官・裁判所事務官・国立大学法人)

国Tはキャリア、エリート公務員。
試験問題も難しい。

スポンサーリンク

が、何といっても一番の難関は官庁訪問(汗)
これをクリアすれば、はれてキャリアの仲間入り。
とはいえ、仕事は非常に厳しい。
残業地獄、出世競争。
キャリア最高峰の事務次官にたどりつけるのはたったの1名!
あとはぽんぽんと肩たたきで飛ばされる。
それでもスケールの大きな仕事、高給、キャリアという地位は魅力的。
国Tを目指す方は、22〜23歳くらいまでに合格しないと官庁訪問でエレベーター送りになるようなので、注意。

国Uは準キャリア。
イメージは永遠の中間管理職。
国Tキャリアの若い上司とうまくやっていく必要あり。
出先機関だと、局により出世スピードが違うと聞いたことがある。
そういうところは超人気になる。
薄給激務という話をいつもきくが、出先はそうでもない。
激務なところもある模様……
本省に勤めたい方は、若いうちにどうぞ

国税専門官。
国U同様、永遠の中間管理職。
国Tキャリアの若い税務署長とうまくやっていく必要があり。
税務署は定時帰りが多が、確定申告時は土曜出勤もあるか?忙しい模様。
局は残業多し。
給料は国Uよりもいい。
出世すれば税務署長や局長に。
ただ、国家V種との争いがある模様。
会計士・税理士崩れもぼちぼち。

裁判所事務官。
面接地獄。
倍率が鬼。
女性に大人気の職種。
というか、女性に有利?といったほうがいいかもしれないほど、女性が多い。
合格者で男性と女性の比率を確認。
給料安い。
ただ、定時帰りは鉄板。
当直制度がある。
裁判所書記官になれば、手当がつく。
完全実力主義のイメージ。
T種とU種の垣根がない。
実力があれば、U種がT種を追い抜く。
ただ、法学部以外の学部はやはり不利と思われる。
司法崩れもかなり多い。

国立大学法人。
もとは国Uだったらしい。
給料は安い。
定時帰り鉄板。
スポンサーリンク
posted by ザムザ at 16:26 | Comment(13) | 公務員試験に独学合格した後
この記事へのコメント
ザムザさん、聞きたいことがあるのでズバリ聞いて良いですか? 自分は環境省が第一志望で後は、同一線上にあります。そこで、環境省はどうしても本省採用狙いたいのですが、他の省はどうしようかなってところなんですけど、環境省以外で国2で本省採用いけそうなところ(人気がないところ)と、ほぼ本省採用は無理なところ(人気があるところ)をもし知っていたら教えていただけませんか? あと、本省と出先だとだいぶ給料って違いますか?
Posted by 逆境☆ナイン at 2008年01月11日 15:14
逆境さん、こんばんは♪
知っていることは答えることができますよ♪

うーん、僕の友人で本省採用なのは一種なのですよ(汗)
基本的に高齢だと本省採用は厳しいですねどこも(汗)
あと、一種の友人はみんな二種で本省採用をお勧めしていません(汗
おそらく彼らはキャリア志向が強いためだとおもいますが(笑

給料は同じですよ!
ただ、出世のスピードは局や省によりけっこう違うので、給料も違ってくるとは思います。

強い意志と高得点をたたきだせば、高齢でも本省採用は不可能ではないと思うので、厳しい戦いでも逆境さんのやる気次第ですよ!

人気があるところはやはり財務、総務、経産とかでしょうね!
権力もってそうなイメージのあるところです。

Posted by ザムザ at 2008年01月17日 19:03
ザムザさん、こんばんわ。
毎度勉強になる知識をみさせていただいております。
来月に国税庁へ出向き、職場説明会に出席しようと考えておりますが、その説明会で内容欄に質疑応答とありましたが、何か考えて出席した方がいいでしょうか?
名前等チェックされるのかなと思いまして・・・
Posted by のたろう at 2008年01月18日 19:18
やっぱり、本省はT種のものですか・・・(泣) でも、環境省はなんとか本省に入れるように頑張ります。 またなにかあったら質問させていただきます。返答ありがとうございました☆
Posted by 逆境☆ナイン at 2008年01月18日 23:39
のたろうさん、こんにちは♪
そうですねー!
まぁ僕の個人的見解なんですけど、試験前の説明会はあんまり意味はないのかなと思います。
質疑応答もありますが、一応質問は考えて出席したほうがいいですよ♪
一応名前も控えられるはずです。
面接のときに説明会にも参加してとか言えるので、参加しておいたほうが無難です!
Posted by ザムザ at 2008年01月20日 12:16
逆境さん、こんにちは♪
本省は一種のものだけじゃないですよ(笑
やりたいこと興味あることがあるのなら、本省勤務も視野に入れるべきですよね!
一回限りの人生、自分の思うように生きるべきですよね!
後悔しないように頑張ってください!
Posted by ザムザ at 2008年01月20日 12:19
有り難うございます。
何か考えて出席したいと思います。
名前を控えられるのですね!!!
それは貴重な情報どうもありがとうございました。
緊張しますねー。
頑張ります^^
Posted by のたろう at 2008年01月22日 22:17
のたろうさん、こんばんは♪
適度に緊張して(笑)、頑張ってくださいね♪
またいつでも遊びに来てください♪
Posted by ザムザ at 2008年01月23日 20:06
こんにちは!
たまたまこちらのブログを拝見させて頂いたものです。

地方上級を第一志望で今予備校に通いながら勉強に励んでます。

ただ、科目の多さにどう勉強時間の配分を設けて良いのかわかりません。。手を付け切れてない科目すらあります;;

何かアドバイスがあれば是非教えて頂ければと思います。

Posted by ゆき at 2012年04月16日 10:27
失礼します。
昔、裁判所事務官だった者です。
どこの官庁でも言える事ですが、最高裁や各地高裁は忙しいという話を聞きました。

それと当時は書記官の試験で一種が大学法学部卒で二種がそれ以外という区分だったので、大学法学部の方が試験に受かりにくく一種の方が少し出世が速いといっても合格しなくては話にならず、ある程度の歳になると見切りを付けて退職して司法書士や不動産鑑定士(他の公務員試験で経済学を勉強している人が多いので)の試験を受ける人がちらほらいました。

大学法学部卒は高卒より法的知識が多いので、裁判所事務官二種採用者は法学部卒の方が不利な現行の制度はおかしいと良く愚痴っていました。

一昨年辺り、某掲示板をなんとなく見て現状の制度についてどう思うか聞いたところ、仕事をしている方が出世出来ないのはおかしいという意見と、採用試験の成績で配属先が決まって、仕事がない部署に配属されて勤務時間に勉強しているのだから仕方ないという意見に別れました。

個人的には、高卒の女性が試験に受かる年齢が若く、そういう方には有利かと思いました。

私は、仕事が忙しくて月に1日しか休みが取れなくなり、全く勉強出来ない状態になり将来に展望が持てず退職しました。

ただ、古い話ですので今は、どんな制度になっているのかわかりません。状況が変わっていたらすいません。
Posted by 安田 at 2013年05月03日 00:36
すいません。裁判所書記官について一種、二種ではなく一部、二部です。間違えてすいません。
Posted by 裁判所事務官について書いたもの at 2013年05月07日 23:16


>ゆきさん
>
>こんにちは!
>たまたまこちらのブログを拝見させて頂いたものです。
>
>地方上級を第一志望で今予備校に通いながら勉強に励んでます。
>
>ただ、科目の多さにどう勉強時間の配分を設けて良いのかわかりません。。手を付け切れてない科目すらあります;;
>
>何かアドバイスがあれば是非教えて頂ければと思います。
>
>

ゆきさんへ。
お返事が遅くなり大変申し訳ありません。
希望する役所に勤務されていることと思います。
お体に気を付けて頑張ってください。

同じように悩んでいる受験生のために回答します。
まず、公務員試験は科目が多い試験です。
みんな同じように、どこから手を付けよう、時間が足りないと悩むはずです。

本番までどれくらい時間が残されているかにもよりますが、基本的には、各科目の出題数、配点や配点比率等のを基本的な事項を確認してください。
そのうえで、配点が高いところから手を付けていく(多く時間をかける)形になります。

細かくいえば、仕上がるまでにどのくらいの時間を要するのか等も考慮する必要があります。

費用対効果を意識すれば決まってくるはずです。
Posted by ザムザ at 2016年06月08日 01:08


>安田さん
>
>失礼します。
>昔、裁判所事務官だった者です。
>どこの官庁でも言える事ですが、最高裁や各地高裁は忙しいという話を聞きました。
>
>それと当時は書記官の試験で一種が大学法学部卒で二種がそれ以外という区分だったので、大学法学部の方が試験に受かりにくく一種の方が少し出世が速いといっても合格しなくては話にならず、ある程度の歳になると見切りを付けて退職して司法書士や不動産鑑定士(他の公務員試験で経済学を勉強している人が多いので)の試験を受ける人がちらほらいました。
>
>大学法学部卒は高卒より法的知識が多いので、裁判所事務官二種採用者は法学部卒の方が不利な現行の制度はおかしいと良く愚痴っていました。
>
>一昨年辺り、某掲示板をなんとなく見て現状の制度についてどう思うか聞いたところ、仕事をしている方が出世出来ないのはおかしいという意見と、採用試験の成績で配属先が決まって、仕事がない部署に配属されて勤務時間に勉強しているのだから仕方ないという意見に別れました。
>
>個人的には、高卒の女性が試験に受かる年齢が若く、そういう方には有利かと思いました。
>
>私は、仕事が忙しくて月に1日しか休みが取れなくなり、全く勉強出来ない状態になり将来に展望が持てず退職しました。
>
>ただ、古い話ですので今は、どんな制度になっているのかわかりません。状況が変わっていたらすいません。

安田さんへ

お返事遅くなり申し訳ありません。
実際に現場の経験がある方の貴重な情報・ご意見ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。
Posted by ザムザ at 2016年06月09日 00:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。