公務員試験独学ブログの学習方法を見直し、私が今、公務員試験を独学で受験するならこう勉強するという最新の学習方法をまとめた新サイトを作りました。

公務員試験 公務員試験独学ガイド

専門試験特化型の学習により合格を目指す勉強法です。
参考にしていただければ幸甚です。

スポンサーリンク
2007年12月05日

公務員試験受験でかかる費用(予備校と独学)

みなさんがこの公務員試験独学ブログに来てくれているということは、おそらくこれから公務員試験を受けようと考えている、もしくは現在がんばっているかのどちらかだと思います。
ところで、公務員試験に合格するまでいくらかかるんだろうって考えたことありますか?
僕はすごく考えました(笑)
専門学校に行けば、授業料等で40万とか50万とかかります。
さらに、問題集はだいたい別売りなので結構な金額です(汗)
さらに交通費、友人との昼食代・おやつ代・ロッカー代もろもろ考えると恐ろしいほどの金額がかかります。

そこで僕は思ったんです。
専門学校に行かなかったらどうなるんだろう?
まずは公務員試験がどの程度のレベルなのか、過去問をみたりネットで情報収集することから始めたのです。
そして独学でも絶対いけると確信して、僕の公務員試験受験生活がスタートしました。

あまりお金を使いたくないということから、飲食代・交通費をゼロにしました。
具体的に言うと、お茶は水筒やペットボトルに入れて、また、おにぎりを自分で作って図書館で勉強です(爆)
自転車をこいで図書館に行ってました♪
もう半年も前の話なんですねぇ……

僕が紹介している勉強方法は、イエロー本の無駄な問題集をさらに削って、これから公務員試験合格を目指す方が、最速で合格できるように配慮しています。
無駄な本を削ることで、本代にかかる出費もさらに抑えてあります。

公務員試験は独学で合格できます。
最後まであきらめない気持ちと努力で必ず合格できる試験です。
みなさん、がんばってください♪
スポンサーリンク
この記事へのコメント
はじめまして。
今年の1月から国税に向けて半年近く勉強をし、今年度の国税の試験に落ちてしまった者です。
私も独学+高齢でして、同じ立場で頑張っていらっしゃるザムザさんのブログを拝見させていただいておりました。
結果は全くの逆ですけど泣
落ちてしまった要因としては、数的、社会科学以外の教養は手つかず、行政法、社会学・政治学も手つかずで望んでしまったことかなと思います。
来年度は必ず合格しなければならない状況になっておりますので、7月からの契約社員が満了し、最近になって勉強の再開を始めたところであります。ザムザさんはトータル勉強時間はどれくらいかけましたでしょうか?
勉強時間だけで判断するのは適切ではないと思うのですが、気になるところです。
あと、もしよろしければ何かお気づきになったことがあれば助言をお願い致します。長々と失礼しました。
Posted by のたろう at 2007年12月27日 20:22
のたろうさん、はじめまして♪
今年は残念な結果に終わってしまったみたいですね(汗

トータル時間ですか?
きちんと合計時間は出してないので何とも言えないのですが……
僕は直前期にはほとんど勉強していなかったんです(笑
直前期までにやるべきことは全部やっっちゃったんですよ!
なので、現状維持って感じだったんです。
トータル時間は定かではありませんが、のたろうさんも今年は余裕をもって臨むことができれば必ず合格できる試験ですよ!
普通の方は、国2・裁事・国税レベルで600から1000時間、人気地上・国1で+αって感じと思われます。
ただ、時間よりもやった内容・勉強の質にこだわったほうがいいと思いますよ!
同じ一日8時間の学習でも集中力で全然違いますので!

気づいたことですか?
うーん、そうですね、全部の科目に手を出さないようにすることです。
自分に必要な科目をきちんと得点できるようにすることですね!

のたろうさん、ファイトです!
来年必ず合格報告しにきてくださいね!
Posted by ザムザ at 2007年12月31日 22:19
ありがとうございます。
すごい励みになりました。
必ずや良い報告ができるように頑張ります。
ザムザさんも今年からのお仕事頑張って下さい。
Posted by のたろう at 2008年01月01日 22:19
のたろうさん、こんにちは♪
本当に良い報告お待ちしております。
来年からはともに公務員試験として働けるといいですね♪
またいつでも遊びに来てください!
Posted by ザムザ at 2008年01月06日 12:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック