公務員試験 公務員試験独学ガイド

公務員試験独学ブログをまとめた新サイトです。
公務員試験の独学受験生に最新情報を届けるべく以下のコンテンツを用意しています。

〇より丁寧な独学での最新の勉強方法(順次更新)
 専門科目:憲法行政法民法経済学財政学
 基礎能力科目(教養科目):資料解釈数的推理判断推理
〇受験生時代の膨大な日記をコンパクトにした読み物
〇公務員試験の最新情報

スポンサーリンク

公務員試験公務員試験採用情報をチェックできる便利なサイト

国家公務員試験採用情報⇒国家公務員総合職・国家公務員一般職試験・国税専門官採用試験・財務専門官採用試験等(人事院)
地方公務員試験採用情報⇒全国の地方自治体(東京都・特別区・県庁・市役所等)(地方公共団体情報システム機構)
裁判所職員採用情報⇒裁判所事務官総合職試験・裁判所事務官一般職試験等(裁判所)

2007年05月31日

国税専門官試験まであと十日!

あと10日に迫ってきている。
国税専門官試験。
不安要素は教養と財政学、憲法記述。
ジタバタしてもしょうがない。
できる事だけ確実に。
解けるものだけ確実に。

<国税専門官試験までにやる事>

・スー過去財政学・会計学・行政法 各1回転
・憲法記述 人権を中心にできるだけ
・思想・文芸、世界史、化学(特に有機)をできるだけ
・一般知能は、10日という期間ではもう実力アップが見込めないためやりません(笑)費用対効果が悪すぎます

それにしても、国税専門官の会計学。
簿記2級までの知識で対応できるというのが定説になっていますが、正確に言うと誤りのような気がします(笑)
例えば、連結会計・外貨建取引・キャッシュフロー計算書・リース取引・税効果会計等は、商業簿記一級の範囲で、2級レベルの知識では対応しづらいのではないでしょうか?
ただ、そういった上級論点からの出題は、簡単な事しか問われていないようですが……
会計学は、仕訳がきれてなんぼだと僕は思っています。
仕訳もきれないのに、やれ連調(連結調整勘定)だのアップストリームだの為替差損益だの言われても理解しにくいですよね(汗)
ただ、きちんとした理解に基づいて正答を導ける人はごく一部です(笑)
公務員試験は、間違った肢を切ることで正答を導くというテクニックが非常に有効なので、恐れることなく突き進みましょう♪
僕もがんばりますので!

あっそうそう、裁判所事務官の面接対策を始めるために、アマゾンで本を2冊購入しました。
一次試験不合格だったら意味無いんですけどね(笑)
スポンサーリンク
posted by ザムザ at 13:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 公務員試験独学受験日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/43443933

この記事へのトラックバック