公務員試験独学ブログの学習方法を見直し、私が今、公務員試験を独学で受験するならこう勉強するという最新の学習方法をまとめた新サイトを作りました。

公務員試験 公務員試験独学ガイド

専門試験特化型の学習により合格を目指す勉強法です。
参考にしていただければ幸甚です。

スポンサーリンク
2006年09月30日

村上春樹、ノーベル文学賞受賞なるか?

村上春樹。
僕の一番好きな小説家です。
村上春樹は読ませてくれます。
短編・長編含め、村上春樹の小説はほぼ全て読みました(翻訳小説は除く)。

2006年10月、ノーベル文学賞の発表があります。
アジアの有力候補として村上春樹があがっているのです。
2006年3月に、村上春樹はフランツ・カフカ賞を受賞しました。
このフランツ・カフカ賞はプレ・ノーベル賞と言われています。
というのも、2004・2005年と2年連続でフランツ・カフカ賞の受賞者がその年のノーベル賞に輝いているからです。
さらにノーベル文学賞は、他のノーベル賞と違い「地域持ち回り」が慣例となっていて、過去5年の受賞者が、欧米・アフリカから出ており、今年はアジアか南米から選出されるとの見通しが出ているのです。
ちなみに、過去にノーベル文学賞を受賞した日本人は1968年の故・川端康成、1994年の大江健三郎氏の2人です。

村上春樹 長編小説(発表年順・2006年9月30日現在)

・風の歌を聴け
・1973年のピンボール
・羊をめぐる冒険
・世界の終りとハードボイルドワンダーランド
・ノルウェイの森
・ダンス・ダンス・ダンス
・国境の南、太陽の西
・ねじまき鳥クロニクル
・スプートニクの恋人
・海辺のカフカ
・アフターダーク

村上春樹
・中国行きのスロウ・ボート
・カンガルー日和
・蛍・納屋を焼く・その他の短編
・回転木馬のデッド・ヒート
・パン屋再襲撃
・TVピープル
・レキシントンの幽霊
・神の子どもたちはみな踊る
・象の消滅 短編選集
・東京奇譚集

村上春樹 翻訳小説(発表年順・2006年9月30日現在)

・マイ・ロスト・シティー
・ぼくが電話をかけている場所
・夜になると鮭は…
・熊を放つ
・ワールズ・エンド(世界の果て)
・偉大なるデスリフ
・ザ・スコット・フィッツジェラルド・ブック
・おじいさんの思い出
・ささやかだけど、役に立つこと
・ニュークリア・エイジ
・あるクリスマス
・本当の戦争の話しをしよう
・クリスマスの思い出
・Carver'sDozen-レイモンド・カーヴァ―傑作選
・バビロンに帰る ザ・スコット・フィッツジェラルド・ブック2
・心臓を貫かれて
・犬の人生
・最後の瞬間のすごく大きな変化
・月曜日は最悪だとみんなは言うけれど
・必要になったら電話をかけて
・誕生日の子どもたち
・バースデイ・ストーリーズ
・キャッチャー・イン・ザ・ライ
・世界のすべての七月

村上春樹 全集(発表年順・2006年9月30日現在)

・村上春樹全作品 1979〜1989 全8巻セット
・村上春樹全作品 1990〜2000 全7巻セット

昨日の公務員試験勉強時間。
0時間20分 公務員試験 新スーパー過去問ゼミ2 文章理解(現) 1問(速読速聴・英単語 Core 1800 ver.2 1テーマ含む)
0時間26分 畑中敦子の判断推理の新兵器! 3問

00時間46分

一昨日の公務員試験勉強時間。
4時間04分 新スーパー過去問ゼミ〈2〉憲法 (3テーマ分暗記含む 20問)
0時間29分 公務員試験 新スーパー過去問ゼミ2 文章理解(現) 1問(速読速聴・英単語 Core 1800 ver.2 1テーマ含む)
0時間32分 畑中敦子の判断推理の新兵器! 4問
0時間22分 上・中級公務員標準数的推理 3問
0時間20分 畑中敦子の資料解釈の最前線! 1問
0時間14分 世界史B 大学受験頻出555 MANGAゼミナール

06時間01分

一昨昨日の公務員試験勉強時間。
7時間36分 新スーパー過去問ゼミ〈2〉憲法 (4テーマ分暗記含む 42問)
0時間16分 公務員試験 新スーパー過去問ゼミ2 文章理解(現) 1問(速読速聴・英単語 Core 1800 ver.2 1テーマ含む)
0時間38分 畑中敦子の判断推理の新兵器! 3問
0時間19分 上・中級公務員標準数的推理 3問
0時間15分 畑中敦子の資料解釈の最前線! 1問
0時間17分 世界史B 大学受験頻出555 MANGAゼミナール

09時間03分
スポンサーリンク
posted by ザムザ at 10:39 | Comment(4) | TrackBack(0) | 公務員試験独学受験日記
この記事へのコメント
村上春樹は海外で、特にロシアあたりでカリスマ的な人気がありますよね。いい翻訳家がついてくれているようなので選出される可能性はかなり高いと個人的に見ています。
どんなにいい小説家でも翻訳レベルが高くないと現地でなかなか受けないようで、言語の壁が日本人の文学賞受賞を妨げているのではとも思えます。

と、こんな偉そうなことを言いながら最後までちゃんと読んだ事があるのは翻訳小説のキャッチャーインザライだけだったりします。
春樹小説全部読むってすごいですねー。
Posted by yaoya at 2006年09月30日 16:55
yaoyaさんお久しぶりです♪
僕が村上春樹に出会ったのは大学一年生の時です。
一気にほぼ全ての小説を読了しました。
正確には、翻訳小説は一冊も読んでないんです。
というのも、どうせ翻訳小説を読むのなら、まだ村上春樹より読みたい小説が山盛りなのです。
今から記事を書き換えます(笑)

村上春樹ほど全世界で読まれた日本人作家はいませんよね。
yaoyaさんももしよかったら、村上春樹の小説を読んでみてください。
個人的おすすめは、「世界の終りとハードボイルドワンダーランド」、「ねじまき鳥クロニクル」、「海辺のカフカ」の3冊です。
この3冊のいずれかを手に取っていただけると、村上春樹の世界をきっと堪能できると思います。




Posted by ザムザ at 2006年09月30日 18:24
はじめまして。
しばらく前に相互リンクを申し込んでいただいたものです。
まだリンクしてなくて申し訳ありません。
かならずしますのでもう少しお待ちください(>_<)
Posted by sousai at 2006年10月01日 23:47
sousaiさん、気にせず時間の空いた時に相互リンクしてくださいな♪
わざわざコメントどうもです。
Posted by ザムザ at 2006年10月02日 14:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24653283

この記事へのトラックバック